CRUSADERS 2021 RESULT

2021 CRUSADERS秋季リーグ戦の結果およびスタッツ、リポートをお伝えします。
VS 名古屋商科大学
VS 三重大学
VS 愛知学院大学
VS 愛知大学
VS 1部6位(入替戦)

過去の試合結果をご覧になりたい方は下記より選択ください。



9月11日(土) テラスポ鶴舞ウエストグランド 13:00 Kick Off

大学名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
南山大学 28 24 54
名古屋商科大学
※得点差40点以上となったため、規定により第3Qで試合終了

当日のゲーム速報のまとめはこちらから!

<得点経過&スタッツ>

Q Time Team Play Player Yds PAT G/NG
1 0:44 南山 Rush #7大矢 52 Kick G
1 6:11 南山 Pass #19海野→#11今井 12 Kick G
1 8:13 南山 Pass #19海野→#13安藤 20 Kick G
1 10:00 南山 Rush #7大矢 32 Kick G
2 5:46 南山 Safty



3 0:35 南山 Pass #19海野→#13安藤 10 Kick G
3 5:05 南山 Pass #42小川→#10清水 35 Kick G
3 6:55 南山 Punt Return #1鈴木 62 Kick G
3 9:58 南山 Field Goal #8尾西 19



南山大学 VS 名古屋商科大学
7 タッチダウン 0
7-7 PAT(1Point) 0-0
0-0 PAT(2Point) 0-0
1-1 フィールドゴール 0-0
1 Safety 0

20
(14-6-0)
1st Down
(ラン-パス-反則)
1
(1-0-0)
16-116yds
(16-6-1)
パス回数-獲得ヤード
(試投-成功-インターセプト)
10-15yds
(10-4-0)
27-333yds ラン回数-獲得ヤード 16-16yds
43-449yds 攻撃回数-獲得ヤード 26-31yds

2-▲10yds 反則回数-損失ヤード 1-0yds
0-0 ファンブル回数-喪失 3-2

19:21 TIME OF POSSESSION 16:39
3/7 3rd Down Conversions
(成功/試行)
0/8
1/1 4th Down Conversions
(成功/試行)
0/0


<GAME REPORT>

2021年9月11日、テラスポ鶴舞ウエストグラウンドにて2021 CRUSADERS秋季リーグ初戦が行われた。
相手は、名古屋商科大学である。
初戦は、次戦以降の試合、そして入替戦に向けての流れを作るのにとても重要になってくる試合である。
絶対に勝利を掴み取りたいという両チームの強い気持ちがぶつかり合う試合の開幕だ。

【1Q】
CRUSADERSキック、名古屋商科大のリターンにより試合開始。
自陣25ヤード付近から名古屋商科大オフェンスが開始されるが、CRUSADERSディフェンスが流れを渡すまいと完璧な守りをみせ、名古屋商科大をパントに追い込み攻守交代。
直後、RB#7大矢のランプレーで大きく前進。
そのままの勢いでタッチダウンを獲得する。(PAT成功、7-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
自陣25ヤード付近から名古屋商科大オフェンス開始。
ここでトリックプレーをみせるが、DL#78山内がナイスタックルをみせ、再びパントに追い込み攻守交代。
代わったCRUSADERSオフェンスは、RB#7大矢により大きく前進。
その後は徐々に前進し、最後はQB#19海野からWR#11今井へのパスによりタッチダウンを獲得する。(PAT成功、14-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
自陣20ヤードより名古屋商科大オフェンス開始。
ここでもCRUSADERSディフェンスが躍動する。
LB#44堀内のタックルで相手がボールをファンブル、それをLB#51佐藤が拾い攻守交代。
代わったCRUSADERSオフェンスは、QB#19海野からWR#13安藤へのパスによりタッチダウンを獲得する。(PAT成功、21-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
ここでもCRUSADERSディフェンスが活躍。
DB#23中島がナイスタックルを連発し、名古屋商科大オフェンスをパントに追い込み攻守交代。
代わったCRUSADERSオフェンスは、ランプレーによりRB#7大矢がタッチダウンを獲得する。(PAT成功、28-0)

【2Q】
CRUSADERSのキックにより試合再開。
いきなり名古屋商科大にフレッシュを奪われるも、LB#2上馬場の力強いタックルとDL#99澤田によるQBサックによりパントに追い込むが、ここで名古屋商科大の素晴らしいパントにより陣地を回復される。
攻守交代したCRUSADERSオフェンス、50ヤード付近まで前進するも今回は得点に繋がらずパントに追い込まれるが、DB#1鈴木が素晴らしいパントをみせ攻守交代。
ここでCRUSADERSディフェンスは、先程QBサックをみせたDL#99澤田がエンドゾーンでタックルを決め、セーフティにより得点に繋げる。(30-0)

セーフティにより名古屋商科大のキックにより試合再開。
自陣40ヤードより、CRUSADERSオフェンス開始される。
ここでは、RB#31山田がボールを持って走るが惜しくもフレッシュとはならず、パントにより攻守交代。
代わったCRUSADERSディフェンス、またもやDL#99澤田がQBサックし、こぼれたボールをDL#78山内がリカバーし攻守交代。
代わったCRUSADERSオフェンス、敵陣44ヤード付近からドロープレーがきまり大きく前進する。
その後、4thダウンとなりギャンブルプレーをするもインターセプトをされてしまい、ここで前半が終了する。

【3Q】
名古屋商科大のキックにより後半開始。
自陣37ヤード付近からCRUSADERSオフェンス、反則を取られるもQB#19海野からWR#20須田へ反則分を帳消しにするほどのロングパスを成功させる。
続いて、先程フレッシュを獲得できなかったRB#31山田が今度はフレッシュし、徐々に前進し、最後はQB#19海野からWR#13安藤へのパスによりタッチダウンを獲得する。(PAT成功、37-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
ここでも、CRUSADERSディフェンスが名古屋商科大オフェンスをLB#44堀内とDL#99澤田のタックルでパントに追い込んだ。
攻守交代したCRUSADERSオフェンスは、ここで1年生QB#12小川が登場。
RB#31山田のランプレーとWR#10清水へのロングパスにより、タッチダウンを獲得する。(PAT成功、44-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
ここでもCRUSADERSディフェンスはきっちり3回で止め、パントに追い込む。
ここで主将DB#1鈴木がビックプレー。
名古屋商科大のパントをリターンしそのままタッチダウンを奪う。(PAT成功、51-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
試合も後半となり、両チーム疲れが溜まっていると思われるが、CRUSADERSディフェンスはここでも名古屋商科大オフェンスからファンブルリカバーを奪い攻守交代に繋げる。
代わったCRUSADERSオフェンスは、惜しくもタッチダウンとはいかなかったが、最後はK#8尾西によるフィールドゴールにより3点を追加した。(54-0)

ここで第3Qが終了。
終了時点で40点以上の点差がついたため、規定によりここで試合終了、54-0でCRUSADERSの勝利となった。

今回の試合では、オフェンス・ディフェンス共にたくさんの良いプレーや成長がみられた。
この勢いで次戦以降も勝利を掴み取り、今年こそ1部に昇格してほしい。
また、多くの1回生、2回生が今回の試合に出場することができた。
彼らのこれからの成長にも期待したい。
頑張れ!CRUSADERS!

(レポート By 17生 青山氏)



TOP




10月10日(日) テラスポ鶴舞ウエストグランド 11:30 Kick Off

大学名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
南山大学 13 10 13 42
三重大学
※得点差40点以上となったため、規定により第4Q途中で試合終了

当日のゲーム速報のまとめはこちらから!

<得点経過&スタッツ>

Q Time Team Play Player Yds PAT G/NG
1 10:06 南山 Pass #19海野→#13安藤 11 Kick NG
1 11:20 南山 Fumble Return #23中島 32 Kick G
2 2:11 南山 Field Goal #5榊原 21

2 7:55 南山 Rush #19海野 5 Kick G
3 5:06 南山 Rush #7大矢 7 Kick G
3 7:49 南山 Rush #19海野 20 Kick NG
4 0:22 南山 Rush #7大矢 22



南山大学 VS 三重大学
6 タッチダウン 0
4-3 PAT(1Point) 0-0
1-0 PAT(2Point) 0-0
1-1 フィールドゴール 0-0
0 Safety 0

17
(11-6-0)
1st Down
(ラン-パス-反則)
4
(1-3-0)
20-111yds
(20-12-0)
パス回数-獲得ヤード
(試投-成功-インターセプト)
15-58yds
(15-7-2)
35-345yds ラン回数-獲得ヤード 19-82yds
55-456yds 攻撃回数-獲得ヤード 34-140yds

6-▲35yds 反則回数-損失ヤード 0-0yds
2-0 ファンブル回数-喪失 2-2

25:20 TIME OF POSSESSION 11:02
4/9 3rd Down Conversions
(成功/試行)
1/9
0/0 4th Down Conversions
(成功/試行)
0/0


<GAME REPORT>

2021年10月18日、テラスポ鶴舞ウエストグラウンドにて2021 CRUSADERS秋季リーグ第2戦が行われた。
相手は、三重大学SEASERPENTSである。
初戦をコールド勝ちで突破し、勢いに乗っている我らがCRUSADERS。
この流れに乗ってこの第2戦目も勝利で飾れるか、注目の一戦である。
また、新たに試合に出る選手たちの活躍にも目が離せない。

【1Q】
CRUSADERSのキック、三重大学のリターンにより試合が開始された。
敵陣45ヤード付近より三重大オフェンスが開始されるが、DL陣の鉄壁の守りと主将DB#1鈴木の鮮やかなインターセプトにより攻守交代。
この勢いに乗りたいCRUSADERSオフェンスは、WR#20須田やRB#31山田、WR#85清崎などの活躍により前進するが、三重大ディフェンスに阻まれパントへ追い込まれる。
続くディフェンスでは、1プレー目にLB#51佐藤が鋭いタックルを見せつけ、その勢いのまま三重大オフェンスをパントへと追い込む。
リターナー#1鈴木の活躍により、敵陣35ヤード付近からCRUSADERSオフェンスが開始。
QB#19海野からWR#20須田へのパスや、RB#31山田などが活躍を見せるが反則による後退が重なってしまう。
しかし、ここで悪い流れを断ち切ったのがOLも担える男WR#85清崎である。
QB#19海野から放たれたパスを相手ディフェンスと競り合いながらもガッチリと掴み大きくゲインする。
続くプレーではQB#19海野が投じたパスをエースWR#13安藤がしっかりとキャッチし、持ち前の快足を生かしてタッチダウン!!
しかし、その後のツーポイントコンバージョンは失敗に終わってしまう。(PAT失敗、6-0)

CRUSADERSのキックで試合再開。
キッカー#7大矢が大きく蹴ったボールを三重大リターナーがリターンするが、LB#51佐藤の強烈なタックルによりファンブル、それをすかさずラッキーボーイDB#23中島が奪い去りタッチダウン!!(PAT成功、13-0)

再び、CRUSADERSのキックにより試合再開。
敵陣35ヤード付近より開始された三重大オフェンス。
CRUSADERSディフェンスの強固な守りによりフレッシュされることなく、敵陣44ヤードの地点で第1Q終了となった。

【2Q】
三重大のパントより第2Qが開始される。
更なる追加点が欲しいCRUSADERSオフェンス、1プレー目から頼れるOLリーダーOL#57永縄と次期OLのエースOL#73池戸の二人のドライブにより空いた穴をRB#31山田が駆け抜けてロングゲイン。
加えて、QB#19海野のランによって大きく前進するが、その後のパスがなかなか決まらず敵陣14ヤードからのフィールドゴールを選択。
新人キッカー#5榊原が、少し危なげではあったが見事なキックを見せ3点を追加した。(16-0)

CRUSADERSのキックで試合再開。
敵陣34ヤードより開始された三重大オフェンスだが、DL陣の気の休まらないラッシュによって、CRUSADERSディフェンスが危なげなく守り切りパントへと追い込む。
代わったCRUSADERSオフェンスは、エースRB#7大矢が1プレー目から快足を見せつけ大きくゲインし、その後も圧巻の走りを見せ続ける。
それに呼応するかの如く、WR#85清崎のパスキャッチやQB#19海野が自らボールを持って走り更なるゲインを重ね、敵陣5ヤードまで迫る。
最後はQB#19海野のランによりタッチダウン!!(PAT成功、23-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
DL#99澤田の鬼気迫るラッシュやLB#2上馬場のお手本のようなタックル、RB#7大矢の当たり負けしない走りなどの光るプレーもあったが、ここは両チーム譲らない一進一退の攻防を繰り広げる。
第2Q終了間際に自陣10ヤードまで追い込まれたCRUSADERSディフェンスだったが、DL、LBの見事な連携によりこの窮地を脱したところで前半を終えた。

【3Q】
三重大のキック、CRUSADERSのリターンにより後半開始。
自陣20ヤード付近より開始されたCRUSADERSオフェンスは、巨漢OL#64澤田とDLも兼任する男OL#52岩瀬の二人がこじ開けた穴を、RB#7大矢が瞬きさせぬ速さですり抜け大きくゲインをする。
さらに、QB#19海野がWR#20須田へのロングパスを成功させゲインを重ねる。
その後は、RB#31山田などの活躍により敵陣5ヤードまで迫り、RB#7大矢のオープンへのランによりタッチダウン!!(PAT成功、30-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
敵陣36ヤードより開始された三重大オフェンスだが、ここもしっかりと守り続けたCRUSADERSディフェンス、3プレー目にはDB#23中島が華麗なインターセプトを見せCRUSADERSオフェンスへと繋ぐ。
この流れを得点に繋げたいCRUSADERSオフェンスは、1プレー目からQB#19海野が投じたパスをWR#11今井がガッチリとキャッチし、持ち前の俊敏さを生かしたランにより大きくゲインする。
その後は、WR#20須田のオープンへのランで更にゲインを重ね、QB#19海野が自らボールを持って走り抜きタッチダウン!!(PAT失敗、36-0)

CRUSADERSのキックにより試合再開。
敵陣26ヤードより開始された三重大オフェンスだが、DB#9西岡やLB#51佐藤の見事なリアクションによりフレッシュをさせずにパントへと追い込む。
リターナー#1鈴木の力強い走りにより、自陣49ヤードよりCRUSADERSオフェンスが開始。
しかしここでミスが重なり、フレッシュをすることなくパントへと追い込まれる。
敵陣7ヤードより開始された三重大オフェンスに対し、DB#24冨岡のパスカットやDL#52岩瀬のQBサックなどの活躍が光り、鉄壁の守りを見せたところで第3Qが終了する。

【4Q】
三重大のパントより最終第4Qが開始される。
リターナー#1鈴木のリターンにより、自陣23ヤードよりCRUSADERSオフェンスが開始。
直後の1プレー目、RB#7大矢が持ち前の俊敏性を生かしたランでエンドゾーンへと走り抜きタッチダウンを奪い、試合を決める。(42-0)

ここで40点以上の点差がついたため、連盟規定によりPATを蹴ることなく試合終了。
42-0でCRUSADERSの勝利となった。

今回の三重大学戦では、2回生RB#31山田や1回生K#5榊原といった新人の活躍が際立った。
彼らの今後の活躍や成長が大いに楽しみである。

次戦から、秋季リーグ戦は後半戦にへと進んでいく。
次の試合も勝利をおさめ、全勝で入替戦へと臨んで欲しい!
君たちなら、必ずやり遂げてくれると信じている。
頑張れ!CRUSADERS!!!

(レポート By 17生 橋本氏)



TOP




10月24日(日) テラスポ鶴舞ウエストグラウンド 14:30 Kick Off

大学名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
南山大学 10 14 16 40
愛知学院大学 12

TOP




11月6日(土) 名古屋商科大学日進キャンパスグラウンド 13:30 Kick Off

大学名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
南山大学




愛知大学





TOP




11月27日(土) 愛知県口論義運動公園蹴球場 12:00 Kick Off

大学名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
南山大学




1部6位





TOP