主将 あいさつ



2022年度 主将
池戸 宏匡
CRUSADERS保護者の皆様、OB・OGの皆様、またすべての関係者の皆様、いつも多大なるご声援、ありがとうございます。
今年度、CRUSADERSの主将を務める4回生OL池戸 宏匡です。

今年度、2022 CRUSADERSが掲げる目標は「継承」です。

入替戦で敗北した2019シーズン、コロナウイルスの影響で入れ替え戦が行われなかった2020シーズンの悔しさを晴らすため、「奪還」の目標を掲げた昨年度2021CRUSADERSは、3年ぶりに念願の1部リーグに昇格を果たしました。チーム全員の思いが1つとなりだせた最高の結果だと感じています。
しかし、昨年度出場していた主力メンバーのほとんどは卒業、コロナウイルス蔓延による勧誘活動の制限を受け、部員は減少しました。

目標に掲げた「継承」は、これまで先輩方が作り上げてきたCRUSADERSを、アメフトにかける思いを、培ってきた知識を、受け継ぎ紡いでいく、という思いがあります。

そして、この目標を達成するためにスローガンは『Build Up』としました。
そのままの意味としては、築き上げる、増進する、などの意味があります。
具体的な目標として掲げている上位3校に入ることを達成するためには、まずフィジカルの増強が必要となる事、そして今年度のチームが勝つだけではなく、これからの南山が勝ち続けられる基礎を作り上げる、という意味をもって決定しました。
1部リーグで勝ち続けられるチームになるための知識、思いを受け継ぎ、より強化して築き上げていきます。
そのためには、今まで以上にチームが1つの方向を向き進むこと、人数が少ない分、1人1人が自分がチームを引っ張るという意識、主体性を持つことが必要不可欠だと考えています。
「どうすれば成長できるのか、何が必要なのか」と全員が日々の中で当たり前に考えられる環境を作りあげ、4回生を中心に意識の声掛けなどを積極的に行い、1年間を通して意識を持ち続けていきます。

今はまだ未熟なチームではありますが、主将である私が成長した分だけチームも成長すると考えています。逆を言うと、これからのチームは私自身の成長次第で決まるといえます。
4年目である今年度、特別な思いを持ち、いつでもチームを鼓舞し続ける "熱源"であり続け、必ず目標を達成致します。

いつも応援してくださっている皆様、今年度もチーム一丸となり頑張って参りますので、応援の程よろしくお願いします。

2022年3月
主将 池戸 宏匡